忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



TIVEの練習では現在ヴィヴァルディのグローリア、他を練習中
先日の練習の際、歌いだしで先生が渋い顔
先生:「なんか今日低くくない?みんな?」

たしかに、中音で始まるこの曲
もっと息がぱしーーっと走っている印象があるし、自分もそう歌いたい
でも、なんかもそもそなスタート

JCAでも、暗いとかいわれてたパートがあったし
なんででしょうね
最近の金井組の傾向??

ときょとんなワタクシ

先生:「もっとアペルトだよ、口元にぼそぼそ集めないで首の後ろでしゃべるくらい背中で背中で」

って、テノールにだったかな
声をかけるのを聞いていて

やっとイメージが思いだせてきました

先生:「もっともっと、ラテンだよイタリア男だよciao!」
先生:「暗ーい冬のドイツじゃないんだよ、イタリアの曲なんだから」

おぉ、そうそうグローリアってそんな感じ
なんたってグローリアですもんね
輝くような声じゃなくっちゃ♪

アペルト
久しぶりに意識しちゃったかも
いや、普段はいわなくても意識してなくちゃ行けないのでしょうけど
素人のアサハカサ、、、
(そんなこと言ったら私以外のアマチュアの方に失礼ですね)
はは


******:

なんてなことがありました

ながながすみません

今回の演奏会ではJCAは、いろんな世紀、いろんな国の歌を歌うことになりますよね、、

これまでも、各曲の様式を大事に歌ってきたことを振り返ると
なんでこんなに練習で思うように歌えないのかしらんと苦心する理由が分かった気がしました

いろんな様式の歌い分け
しなくちゃなりませんね

いまごろ気づきましたワタクシ、、、(^^;

(私は、ときどき3拍子の曲に気づくのもすごく遅いときがあります、なんか拍が合わないなーと思って歌っていたら、3拍子だった、という具合です、、音楽オンチなんです)


今日は、先週の練習の録音を聞いたのですけど、
案外私の音が外れてない、とびっくりしたり、
なかなか混ざっていない、とがっくりしたり
私、言葉の扱いが雑だな、と感じたり
いろいろ思うところがありました

横で聞いている家族に、
「後半になるにつれどんどんアンタぽんこつになっていくよ」と言われ苦笑したり

客観的に聞いてみてまた発見


気づいたら次に進む準備に入れるのでしょう

悪かったことはもう過去なので
いいイメージに近づこう♪
さーまたがんばろうっと♪
PR


【無題】
ドイツ語、ラテン語、日本語、イタリア語、こんな組み合わせ初体験です。
様式の濃淡・硬軟、っていうか、それぞれの曲の持ついわば「旨み」を味わい、引き出せたらいいなと思う、今日この頃。
さあさあ、リズム読み・リズム読み
がんばりましょうネ(*^^)v
【無題】
林田さん!

いつも録音をくださってありがとうございます
コメントありがとうございました(^^)

そうですね、
曲の「旨み」引き出したいですね
金井先生時々「自分たちがまずこの(サウンドの)良さを味わわなきゃ」
って練習中におっしゃってますね

やっとそう考えられるようになりました(^^ゞ
遅まきながら

うーん味わいたい♪
演奏会でお客様にも伝わるかなぁ


そうなることを夢見て、リズム読み♪リズム読み♪

お料理で言えば、下ごしらえの段階が大切ってことかしらん
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
JCA合唱団の一員
性別:
非公開
自己紹介:
管理人(ま)
・・・通知表に「天真爛漫」「やればできる子」「落ち着きがない」などと書かれてきました。。。合唱は楽しいです。オタマジャクシを数えるような歌い方、はやく卒業したいです。10年前のJCAのカルミナの演奏に心魅かれ、入団
JCAってなに? Japan Concert Academyの略です 。 ではAcademyって? その昔アルキメデスがはじめた彼の弟子たちと開いた私塾 です 。 JCA合唱団は金井敬氏(加奈井洋介氏)の提唱で創立された今年20周年になるアマチュア合唱団です。 今年からBCJ、La Fonteverdeで活躍されているテノールの谷口洋介先生をヴォイストレーナーにお招きし、幅広い年代で運営されています。 (4回の練習のうち、ア・カペラ練習が月1回はいります。ア・カペラ練習曲はウィリアム・バードの「4声のミサ曲」です) 現在団員18名、音楽を作る大事な要素、ハーモニーを感じ合いながら、 創団当初から金井先生の提唱する「ノンビブラートな声」「細く、明るく、まっすぐな、“飛ぶ”声」そしてその先にある表現をめざし、集っています♪ 練習あとの飲み会は強制ではありません 。 これ大事☆ 団員さんはいつでも各パート募集中です♪ マエストロが日々の練習も指導して下さいます。そして、練習を重ねたあとは、自分だけでは導きだされない音楽を歌いきった感動・なんともいえない充実感を味わうことができる本番が待っています♪ マエストロの創る音楽って? オーケストラの表現様式って? と、興味をもたれた老若男女、紳士・淑女のみなさま、ぜひ演奏会に足をお運びくださいませ 。 近年大ホールで歌わせていただいてまいりましたが、このたびは300名に満たないホールで、再出発の産声をあげることになりました。今までの演奏会とちょっぴり違う、試みになるのではないかと思っています。 練習ではうちは厳しい厳しいといわれ続け、実際にかなりのプレッシャーを感じながら取り組んだ面もあったのだと思うのです。 でも、厳しいだけだったら20年も続かないのです。 歌の世界を、情景を表現する 。 それは素人である私たちには大変難しいことです。 団員はみな音楽の基礎を学んだことのあるわけではなく、 日頃仕事を持ちながら趣味をつづける社会人の集まりです 。 しかし、 私たちが未熟でありながらも、音楽を作りあげる場に携わることに、楽しさを感じながら取り組んできたこともまた、私たちの歌声を通してお伝えしたいなと思います 。 練習では、先生のダジャレをはじめ、笑い声にあふれています 。 「楽器では、幼少の方から専門的に学んできた方には適わない、しかし、声だけは違う、いくつになっても時にプロの方に並ぶことができると思う。」(金井語録その<??>) もちろん通常の練習の体験見学も大歓迎です♪ 管理人までお気軽にお問い合わせください 。 (楽譜を用意させていただきます、音とり音源も用意させていただいていますから、お気軽にご相談くださいね)
難解漢字に挑戦!